TOP

沖縄に行ったら青の洞窟、自然の青の洞窟の神秘に感動しよう

沖縄の青の洞窟は沖縄県恩納村の真栄田岬にある洞窟です。沖縄本島のマリンスポーツ業者の洞窟に関する広告はほとんどこの前栄田岬です。那覇市内からは1時間程度でいけます。洞窟内部の海面が太陽光線の反射で神秘的に青く輝く事から「青の洞窟」と呼ばれています。青の洞窟内部は全長約50メートルの半水面ドームになっていて、子供からご年配の方までビーチシュノーケル・シュノーケリングでも十分楽しめ、前栄田岬施設内に更衣室、コイン式シャワー室、コインロッカーが完備されており、自動販売機や売店もあり、ビーチシュノーケルやシュノーケリングを楽しんだ後も心配ありません。シュノーケルで輝く水面や迫力のある地形を堪能することができる青の洞窟の神秘。青の洞窟の神秘は見た人を一瞬で感動させてくれ、ダイビングでは沖縄の一面に広がる白い砂や珊瑚、カラフルな熱帯魚やクマノミたちをより身近に感じる事が出来ます。また、夜青の洞窟は昼間とはまた違った顔があり、とても静かに青の洞窟の神秘を感じる事ができます。海の中では魚やえび、カニなどの夜光虫の光でキラキラと海の中が光ります。まさにその姿は小宇宙を感じさせてくれるほど神秘的で美しいです。