TOP

沖縄に行ったら青の洞窟、自然の青の洞窟の神秘に感動しよう

沖縄の青の洞窟は沖縄県恩納村の真栄田岬にある洞窟です。沖縄本島のマリンスポーツ業者の洞窟に関する広告はほとんどこの前栄田岬です。那覇市内からは1時間程度でいけます。洞窟内部の海面が太陽光線の反射で神秘的に青く輝く事から「青の洞窟」と呼ばれています。青の洞窟内部は全長約50メートルの半水面ドームになっていて、子供からご年配の方までビーチシュノーケル・シュノーケリングでも十分楽しめ、前栄田岬施設内に更衣室、コイン式シャワー室、コインロッカーが完備されており、自動販売機や売店もあり、ビーチシュノーケルやシュノーケリングを楽しんだ後も心配ありません。シュノーケルで輝く水面や迫力のある地形を堪能することができる青の洞窟の神秘。青の洞窟の神秘は見た人を一瞬で感動させてくれ、ダイビングでは沖縄の一面に広がる白い砂や珊瑚、カラフルな熱帯魚やクマノミたちをより身近に感じる事が出来ます。また、夜青の洞窟は昼間とはまた違った顔があり、とても静かに青の洞窟の神秘を感じる事ができます。海の中では魚やえび、カニなどの夜光虫の光でキラキラと海の中が光ります。まさにその姿は小宇宙を感じさせてくれるほど神秘的で美しいです。

その他常夏のバリ島の海で疾走感を体験する!体が丈夫な人に試していただきたいのが水上スキー!バリ島の爽やかな潮風を受けながら、躍動的に遊ぶのは特に気持ちが良いものです。
ダイバーなら誰もが憧れる「オニイトマキエイ(マンタ)」に遭遇したい!といえば沖縄県石垣島。マンタスポットの川平で潜ることができる現場ダイバー向けのサービスは少なくありません。
本島北部にあるやんばるの森では昔、長い夏休みに郷里で楽しんだ懐かしい気持ちが蘇ってくるようです。水遊びでずぶぬれになって泥まみれになって無心で走りまわっていた遠い記憶。
沖縄県にある琉球村は古めかしい家を多く移築して維持しているだけでなく、染め物の藍染体験や三線・エイサーの指導、沖縄のおばあちゃんとの賑やかな雑談などを見て試すことができる体験型テーマパークです。
スキューバダイビングをトライしたいあなた、ダイビング免許が必要だとお望みのあなたは、何とぞいつでもお尋ねください。
ダイビングを2分すると、遊びと仕事ダイビングに分類できます。どうせ取り組むならダイビングのプロを目指してみませんか。本物のプロダイバーの実践を体感してみませんか?
世界各国のマリンリゾートでパラセーリングは際立って気楽で安全性の高いマリンスポーツで、お越しくださる方々に驚き・熱狂・くつろぎ・満足をもたらし、ご利用者様を大空の旅にお招きしております。
有名な美ら海水族館には世界で類を見ない巨大アクリルパネルが設置されています!希少なジンベイザメ・マンタの自然・人工繁殖を考慮した複数個体の飼育や生きたままのサンゴの大量飼育は世界初の快挙!
沖縄県那覇市から西方約15kmのチービシ環礁はナガンヌ島、神山島、クエフ島という名前の3島から成っており、一際広い島が渡嘉敷村のナガンヌ島。立派な海と陸の対比を実感できる壮麗な島です。
スキューバダイビング、夕暮れ時のクルーズ、そして釣りにウェイクボード、初心者でも安心のシュノーケルツアー 等々、各種マリンスポーツメニューを必ず味わってください。
誰も手軽なスキンダイビング。だけど可能ならば、一般講習から確実に受講してみましょう!と心置きなく泳ぎたい方はとっても満足できるコースと言えます。
ダイビングを大きく2つに分けて考える時には、スポーツと真剣ダイビングに区分されます。どうせならダイビングの専門家目標にしてみませんか?時間がある時にプロダイバーのスケジュールを実際に見ることをお勧めします。
この美ら風という工房は、粘土玉から形作る魔除けの「シーサー」、800種類以上も揃っている色々なガラス細工を使って作製する可愛らしい「キャンドル」や「オルゴール」など、個性的な作品作りが特徴的な体験型工房です。
沖縄を旅するならやっぱり海ですよね!いくつものブルーに染まった海の中を、南国特有の鮮明なカラーでかわいらしい魚たちとたわむれる体験は一生記憶に残る素晴らしい記念になるでしょう。
ウェイクボードと同じように、モーター付きのボートに持ち手(ハンドル)を付属したロープを動かしてもらい移動します。まっすぐ縦にプレイヤーが乗ってストレートに動くので、一際スピードを感じることができます。