ダイビングスキルを覚える

初めてのあなたも家族的な時間、ホッとできる充足感のあるダイビングスキルを覚えましょう。迷っている方も問題なく取りかかれます。

ダイバーに人気の沖縄には多くのビーチがあり、当日の海の状況によりベストな地区にご案内させていただきます。ボート以外では到達できないポジションにご案内させていただくボートプランが一番人気です。

修学旅行生にも人気の琉球村は古い住宅を移転してきて保存している以外にも、藍染の体験レッスンや三線・エイサーの弾き方・鳴らし方教室、沖縄のおばあちゃんとの対話などを見て実践できる体験施設です。

沖縄は地域がら春・夏・秋・冬の季節に影響されることなく年間を通して潜れます。行った季節の影響で海中の状態が変化して、まさしく海のコンディションにより訪れるポイントが違ってきます。

名産のサトウキビ畑や伝統的な沖縄の住宅が存在し、いかにも沖縄というような雰囲気や景色を味わえます。「古宇利大橋」の上から見る海は、忘れようがないほど美麗な海の靑色。

那覇にある港より朝方出て、ダイビングボートを頼んで慶良間に近いポインまでたどり着いて、素晴らしいダイビングを2~3回行ってから、午後に宿舎に戻ってくるツアーが主流です。

かわいい小舟に乗り込んで神秘の世界が広がる海漂林探検を体験し、見応えのあるサンゴが見られるレンボンガンのきれいな海をドリフトシュノーケリングしましょう!

「かなり長くダイビングを休んでいた」、「何とか美しい改定を眺めてみたいけど、ブランクが長すぎて怖いなあ。」と感じているダイバ ーだけのスクールも存在しているようです。

可愛らしい小舟に乗った状態で神秘の世界が広がる紅樹林(海漂林)を隅々まで探検し、見応えのあるサンゴを鑑賞できるレンボガン島の紺碧の海をドリフトシュノーケリングしてみませんか?

沖縄の県庁所在地である那覇から西方約15kmのチービシ環礁はナガンヌ島、神山島、クエフ島という名前の3島から成っており、中でも一番広くて大きい島がナガンヌ島なのです。立派なコントラストが印象的な見応えのある島です。

海から出ると陸地でも年がら年中風の吹き荒れている沖縄ですが、9月頃から2月頃まではより強烈で、海上ではより風にさらされますので、うっかり体調を崩してしまわないよう意識してくださいね。

ダイビングのテクニックを本格的に覚えるための興味深い話、宇宙のような海底を目いっぱい味わえるダイビング実践をスタートしましょう。

心が落ち着く潮騒に包まれながら時間を気にせずにふらりと歩くかけがえのない時間を満喫できるほか、様々なマリンスポーツ、環境に優しいツアーなども用意されています。

沖縄のダイビングスポットにおいて絶景と言われる「青の洞窟」を、誰もができるシュノーケリングで楽しむ一番人気のツアーです。詳しい講習を受講していただいた後の出発。のんびりできる海の風景とエキゾチックな洞窟を存分にお楽しみください。

ウェディングが終わったら、ご親族を連れて、あるいは沖縄旅行の大切な思い出にお友達、ご夫婦で煌びやかなロングリムジンを体験し、沖縄でここしかないディナークルーズがおすすめ。

「ダイビングスキルを覚える」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>